クラブのあゆみ
1 1972年 2 1973年 3 1974年 4 1975年 5 1976年 6 1977年 7 1978年 8 1979年 9 1980年 10 1981年
L竹内 四郎 L木村 伸男 L武田 修幸 L栢工 幸次郎 L黒田  栄 L金子 昭夫 L渋木 久美 L荒井 照正 L舘山 諄一 L岩下 達企
11 1982年 12 1983年 13 1984年 14 1985年 15 1986年 16 1987年 17 1988年 18 1989年 19 1990年 20 1991年
L猪口 満男 L久水 隆夫 L笠原 喜平治 L川村 雅彬 L大間 道夫 L定蛇 隆平 L松村 敬一 L石塚   昇 L菅田 義行 L藤本 新一
21 1992年 22 1993年 23 1994年 24 1995年 25 1996年 26 1997年 27 1998年 28 1999年 29 2000年 30 2001年
L楢館 昭造 L吉岡 靖雄 L斉藤  保 L石川 次郎 L寺江   博 L鍵谷 隆一 L三崎   勉 L道下 将秀 L福島 一博 L上山 和夫
31 2002年 32 2003年 33 2004年 34 2005年 35 2006年 36 2007年 37 2008年 38 2009年 39 2010年 40 2011年
L柏崎 昭朗 L安丸 定男 L鈴木 哲廣 L仁志 正樹 L溝口 裕信 L九津見紳一朗 L松浦 淳一 L千葉 嘉男 L竹内 文英 L植田 淳一
結成25周年にあたり
13代会長  L. 笠 原 喜平治

 私が会長になったのは13代目でした。私は当時市会議員であったので公用欠席が多く1年を通じて殆んど欠席でした。今も議員ライオンがいますが、諸用が多くどうしても欠席が多くなります。従ってライオンズに登録していてもライオン意識が殆んどなく又役もなく員数ライオンでした。今もそうですが会長になるためには必ず幹事なり会計を経験することが原則のようです。これは大切なことと思います。この1年間の経験が如何に大事かを後年強く感じました。入会後9年目ですが、ライオンズについて恥かしながら不勉強で知らないことばかりでのとき、私に会長をやるよう打診がありました。その時チャーターメンバーの会長候補としては最後になるかもしれない、従ってどうしてもやるように、この機会を失くすと会長の機会もなくなる等々と言われ、遂い引受けた次第であります。後で分かったことですが上手に嵌められたわけです。岩下10代会長の下で第3副会長となり逐次第2第1の副会長になりましたが相変らず欠席がちでした。
  愈々会長の到来となりました。先づ組閣ですが全く不関心、他のLに任せきりで進められました。勿論議員は終っていました。そんなわけで幹事に菅田L、会計は大阪Lでスタート。今考えると恥かしい次第で会長になってからの勉強です。特に菅田幹事には大変お世話になりました。彼は大変勉強されていて多くのアドバイスを戴きました。彼は殆んど毎日ライオンズ事務所に行かれたようです。心から感謝しております。
  事業は「老人オリンピック」「少年野球大会」「チャリティゴルフ」これは今も続けられていますが私の代も踏襲でした。この外私の代で思い出すのはクラブ規約の変更がありました。私の発意で親睦委員会も新設されましたし、事務局員の給与規定(減額)など思い出されます。後半になってやっと板について来たという感じで、あれも、これもとやれば良かったと思うことが多くありました。
  以上の反省で申上げたいことは、勿論会長なり3役の発意で事業計画を立案するわけですが、歴代会長経験者も私同様の考えの方もあろうと思います。元会長会もあり執行者の諮問もありますが、最も大切な事業計画策定にあたっては「元会長会」を有効に活用して活発な議論を求めて立案してみてはと思います。勿論予算上のこともありますが、より活性化するためにも必要なことだと思います。更に欠席Lに対応するため、監視員(表現が悪いですね)担当者を決め、そのLが必ず声をかけて連れて来る位の責任を持たせるよう提言いたします。結果、慣れと親しみを感じて必ず出席率の向上に連らなると思います。
 終りに中央Lの限りない発展を念じて思い出の記といたします

CN25周年記念誌より
昭和59年(1984.7〜1985.6)
役  員 会     長 L笠原 喜平治
第一副会長 L成田 広信 第二副会長 L大間 道夫 第三副会長 L川村 雅彬
幹     事 L菅田 義行 会     計 L大坂 隆夫
ライオンテーマ L天井  桓 テールツイスター L木村 伸男
一 年 理 事 L舘山 諄一 L岩下 達企 L樋爪 静雄 L川副 一男 L菊池 文男
L楢館 昭造 L丑屋 喜雄 L武田 英世 L定蛇 隆平 L金野富三郎
L湯佐 義春 L西村 吉弘
二 年 理 事 L松村 敬一 L猪口 満男 L福島 一博 L鈴木 久夫 L森元 譲一
L星  勝彦 L藤井 義人 L藤本 新一 L石原 政勝 L徳田  裕
会 計 監 査 L鍵谷 光三 L植田 隆一
アクティビティ 59.7 第34回社会を明るくする運動パレード参加。 軽費老人ホーム清和荘の皆様を落語鑑賞会招待。 331複合レオサマーフォーラムへ岩見沢レオクラブ会員引率(小樽)。
59.8 交通安全パレード。 青少年育成。 身障者スポーツ大会協力。 科学万博つくば協力。
59.9 第4回岩見沢中央LC旗争奪少年野球大会。 第11回老人オリンピック大会。 老人オリンピックでの献眼PR「一人の献眼で二人に光を」垂れ幕制作。 交通安全、シートベルト着用呼びかけ2ケ入りまんじゅう300ケ配布。
59.10 神谷郁代コンサートに盲人福祉センターの人達招待。 赤い羽根募金運動。 第10回市民水泳大会。 ライオンズデー例会にて交通安全宣言。 ”公園をきれいにしましょう”岩見沢市へごみ箱10ケ贈呈。
59.11 ”失明者に光を”シールパンフレット配布。 献眼ポスター。 光が丘学園にダイコン・イモ贈呈。 交通安全シートベルト着用看板制作。 第7回全国アイバンク総会。 
59.12 L鍵谷光三・L石上勇ゴルフホールインワン記念として岩見沢市へ歳末助け合い基金へ。 古新聞回収。 古新聞回収しお金にしてトイレットペーパーを光が丘学園に贈呈。 全国アイバンク推進協議会。 北海道献眼推進協議会。シートベルト着用シール。 会員が品物を持ち寄りオークション益金を歳末助け合い基金へ。
60.1 LCIF基金。 彫刻像台座修理。 
60.2 青少年育成。 身障者スポーツ大会協力。 科学万博つくば’85協力。 献眼登録のお願い。
60.3 アイバンク・シンポジウム。 駒沢岩見沢高等学校野球部協賛。 古切手各学校回収。 古切手収集協力校に図書券・感謝状の贈呈。
60.5 植樹。 第11回チャリティゴルフ大会スポーツ少年交流臨海学校へ助成。
60.6 三菱南大夕張炭鉱内事故見舞い。
ACT合計金額3,257,575円  労力489名 時間2,257時間 古切手285,864枚 献眼登録88名