会長挨拶
   
     
     
 
第50代会長
L 新 保 秀 宜
 
第50代会長を仰せつかりましたL新保でございます。
幹事 柏ア達靖L、会計 山口友隆Lと共に1年間務めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 会長スローガンを
 「脚下照顧」地道な奉仕とさせていただきました。
 「脚下照顧」とは、 自分の足元をよくよく見よという意。 もと禅家の語で、他に向かって悟りを追求せず、まず自分の本性をよく見つめよという戒めの語。 転じて、他に向かって理屈を言う前に、まず自分の足元を見て自分のことをよく反省すべきこと。という意味ですが、チャーターメンバーである故木村伸男Lが朝礼でよく会社で言っていた言葉です。仕事に関して、自分の実力をよく知り、自己研鑽を重ね、成長しなさい。ということです。
 今、コロナ禍の中、伝統のある岩見沢中央ライオンズクラブのアクティビティが、全て実施できる環境ではございません。
 こうした中でも、実施できる奉仕活動はコロナ感染症予防をしながら、行っていきたいと考えております。実施できない事業がありますが、青少年健全育成等の知育玩具の贈呈も継続して行っていきたいと考えます。
 また、コロナ禍であるが故に出来る奉仕活動も、メンバーの皆様と共に考え、実施していきたいと考えております。
 来期、当クラブは認証50周年を迎えます。記念事業も控えており、準備の一年でもございます。
 メンバー皆様のご協力のもと、一年間務めて参りますので、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 幹 事
L 柏 ア 達 靖
 
 
 会 計
L 山 口 友 隆